長尺シートの良さ! 修繕-防水

長尺シートの良さ! 修繕-防水

長尺シートの良さ! 修繕-防水

2021/04/14

「長尺シート」とは、主にマンションの廊下や階段で使われている「防滑性ビニル床シート」のことをいいます。
近年、大規模修繕の際に既存のコンクリートなどの床面から長尺シート貼りの床にしたいとのご要望が増えてきております。
長尺シートを貼ることによって、表面が凸凹の防滑エンボス状になっているため適度なクッション性があり、足音も大幅に減少し、
さらに雨に濡れても滑りにくくなることが特徴となります。また歩行の際に懸念のある摩耗や傷にもとても強い耐久性があり、
防水効果もございます。廊下だけではなく階段にも威力を発揮します。
 
長尺シートは材料も含め決して安いものではありませんが、他の床材に比べて素材の強度が高く、多少の衝撃ではキズが目立たず
耐久性と美観の向上が強みになります。
マンションにとっては、余分な投資と思うかもしれませんが、これから入居してくる方にとって豪華さを与えてくれます。
また建物の資産価値維持のためにもお役に立つと思いますので、大規模修繕工事の際、もしくは防水工事をご検討している方は
お気軽にご相談頂ければと思います。入居者の満足度も上がりますのでお勧めします!

修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!

☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆

現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。