【防水工事】防水性能を高める大規模修繕により東京エリアのビル・マンションの寿命を延ばします

防水工事  

雨漏りのご不安やお悩みを
に解決

建物の種類や周辺環境に合わせた
適切な防水工事をご提案

雨漏りのトラブルや現在の防水性能に関する調査など、大切な建物の寿命を延ばし、資産価値の維持・向上に重要な防水全般に関するご相談を広く承ります。積み上げてきた実績と経験があるからこそ、ご要望やご予算に合わせた最適なご提案が可能です。

常に強い日差しや雨風にさらされている屋上ですが、日頃から状態を目視しづらい場所にあります。 屋上とバルコニーの排水用ドレーンには枯葉やゴミが溜まりやすく掃除を怠ると防水材を傷つけ劣化が早まります。 昨今の異常気象で雨量も増えていることから、雨漏れなどで余計な出費を防ぐためにも定期的なメンテナンスをオススメしています。

防水工事が必要になる箇所と
よくある症状

屋上・屋根

屋上や屋根は建物の一番上にあり、建物すべてを雨や紫外線から守る役割を果たす重要な箇所です。屋根の傾斜がなく水はけが悪かったり、太陽の熱と紫外線を1日中浴びて劣化が進んだり、雨水を集めるドレーンの接続部分が傷んだりと、雨漏りに繋がるリスクが高いと言えます。

ベランダ・バルコニー

紫外線や風にさらされるだけでなく、物を置いていたり、人が歩いたりすることによってベランダの床に張られている防水シートや塗装が劣化し、ひび割れ、剥がれが起こって雨漏りへと繋がっていくケースがよく見られます。バルコニーの壁部分のひび割れや笠木の劣化も雨漏りの原因となります。

天窓

自然光をそのまま室内へ導き入れることができる天窓ですが、雨水を受け止めやすい箇所にあることや、ガラスを留めているパッキンや隙間のコーキング材などが劣化することにより、少しずつ雨水が浸入する可能性があります。

 

防水工事において
新東亜工業が選ばれるポイント

綿密な現地調査で問題を適正診断

用途別に最適な施工法をご提案

下地処理を丁寧に行うから仕上がりが綺麗

詰まりの原因となるドレーンもしっかり清掃

雨漏りの修理にも万全の対策を

見積もり無料!相談無料!まずはお電話にてご連絡ください!

こんな場合は新東亜工業に
防水工事をお任せください

建物のメンテナンスや
大規模修繕をご検討の方

ビルやマンション、アパートなどの建物自体の寿命を縮める原因を早めに解決し、長期的な視点に立ってできるだけメンテナンス費用を抑えたい場合には、防水性能の定期的な点検と症状が起こる前の対策が重要です。屋上や屋根、ベランダなどにご不安をお感じでしたら、ぜひ調査をご依頼ください。

雨漏りの緊急事態には
最短で駆けつけます

既にどこかから雨漏りが起こっている場合は緊急事態であり、一刻も早い対処が必要です。これ以上水分が建物内部に侵食し、劣化を早めないようにするために応急処置を行った後に、適切な防水工事の施工プランを作成しご提案いたします。最短で翌日に調査にお伺いし、見積りをご提示可能です。

総合工事店ならその他の工事も
中間マージンゼロで対応

雨漏りは、原因となっている箇所を処置するだけではなく、天井や壁など室内の修復も必要です。そのまま放置しておきますと、悪臭やカビ、腐食の原因となり、そこにお住まいの方の健康にも悪影響を及ぼしかねません。大規模修繕の実績が豊富な総合工事店ならではの幅広い対応力とスピードが生き、中間マージンゼロで施工可能です。

施工内容&事例

しっかりとした現地調査に基づき、下地を貼り替える全面工事から、今の状態をベースにして防水性能を高めるより低コストな工法まで、多彩な選択肢からご提案いたします。

シート防水

塩化ビニールやゴム製のシートを施工箇所に接着するという工法で、専用の接着剤を使用する「密着工法」と、専用の機械を使用して施工箇所にシートを接着させる「機械固定方法」などがあります。

FRP防水

FRPとは、「繊維強化プラスチック」の略であり、防水工事を行う箇所にFRPを敷き、その上から樹脂を塗布して硬化させることによって防水層を形成するという工法です。

ウレタン塗膜防水

液体状のウレタン樹脂が硬化することで、ゴム状で弾性のある一体性のある防水膜を形成します。液体状の材料を使うため、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない防水膜ができ上がります。

アスファルト防水

合成繊維不織布にアスファルトを含浸させた「ルーフィング」を、加熱溶解したアスファルトによって貼り重ねていくという工法です。施工実績が多く、信頼性の高い防水工法として広く用いられています。

例えば、このような場合

防水をお考えの方、ぜひ新東亜工業にお気軽にご相談ください!

下地が命の防水工事

建物の防水は、単にシートや塗膜を施工するだけでなく、施工箇所の下地処理をしっかり行うことが重要です。施工を予定している箇所にひび割れや突起、隙間、汚れなどが残っていますと防水施工をしても耐久性が弱く、想定よりも早く防水機能が失われる可能性があります。防水工事のエキスパートとして、完成後には見えなくなる下地の処理こそ最も重要であると考え、細部まで徹底的に処理を行ってまいります。

1.防水面の洗浄2.下地処理3.塗布 4.中塗り5.トップコート

総合工事店だから
他の工事も同時にお得

一般的な防水工事では、雨漏りの原因となっている箇所を修復し、防水機能を回復して終了となるため、雨漏りで駄目になってしまった壁や天井といった内装工事は別の会社に依頼するしかありません。その点、一貫した自社施工を行う総合工事店である新東亜工業なら、通常の防水工事会社が引き受けていない内装や共有スペースの修繕、屋根の塗装なども一緒に承ることができます。一度に行うことで美観の大幅アップ、工事費用の節約が実現します。

 

同じ建物でも他社の見積価格と
違いが生まれる理由

塗料の仕入れ価格が安い

塗料販売を専門に手掛けている「新生コーポレーション」を子会社に持っていますので、外壁・内壁塗装に使用するクオリティーの高い塗料を各メーカーから卸価格で仕入れることができます。メーカーとの直接の取引によって、一般的な材料費から15~20%程度のコストカットを実現しています。

大手の足場メーカーから
グループ価格で調達

弊社の代表取締役社長が、足場メーカー「KRH」のグループ企業である「KRHリニューアル」の代表取締役を兼任しているため、大規模な修繕に必要な足場材が、一般的な価格の30~35%程度安い価格で調達できます。

余分な外注費をかけない自社施工

全てを自社で対応しているため、管理会社や建設会社を間に挟むことによる仲介料、人件費といった余分なコストをカットできます。お客様と直接打ち合わせを行い、見積り、材料の仕入れから施工、アフターフォローまでを全て内製化しております。

新東亜工業なら安心の自社施工

新東亜工業では直接お取引できます。
中間マージンが0なので、大幅コストダウン!

お客様満足度91%

数々の経験と実績に基づく高い技術力や知識を持った職人が揃った職人集団としていつでもお客様の視点に立ち、急なトラブルへの迅速な対応、長期的な視野で建物の資産価値を高めるご提案など、メリットの多い防水工事を実現しております。現地調査の結果に合わせてしっかりとした防水が必要なケースでは下地から張り替えるプランを提案し、ご予算に限りがある場合には現在の状態を活かしつつ防水性能をアップさせる工法をご提案いたします。
全てを一貫して自社で行う総合工事店として責任感とスピード感のある防水工事を実現し、ご希望に応じてそのほかの箇所も同時に施工して余分なコストを抑えることができます。お客様からは、「防水工事の重要性を丁寧に教えてもらえて助かった」「他社の見積りもお得で、浮いた費用を別の箇所の修繕に充てることができた」など、喜びのお声が多く寄せられています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。