中間マージンゼロが安心の大規模修繕工事について東京から情報を発信いたします

コラム

お客様との永続的な
信頼の絆を大切に

日々の出来事や現場からの情報を
お届けいたします

ビルやマンションの長期的な視野での資産価値向上、収益改善、リスク回避など、個人オーナー様の願いを叶える大規模修繕工事のベストプランについて有用なご提案をしてきたこともあり、首都圏エリアを中心に口コミで高評価を頂戴してまいりました。自社施工と内製化による中間マージンゼロ、迅速で正確な対応スピードなど、全力を挙げて取り組んでいるサービスについてさらに多くの方に知っていただくために、示唆に富んだ情報を定期的にアップロードいたします。
ハイクオリティーな技術と柔軟なプランニングの具体例、日々の営業風景、スタッフのつぶやきなど、大規模修繕のプロならではの目線で綴った充実した記事をぜひお楽しみください。

鉄筋爆裂とは内部で腐食した鉄筋が膨張し周辺のコンクリートを押し上げた状態を鉄筋爆裂と呼びます。コンクリートの外壁は2.0cmの被り厚さ(鉄筋から外壁面まで距離)が義務付けられ、炭酸ガスや雨水の進…

欠損はひび割れや爆裂によっても生じますが、躯体の挙動によるモルタル破壊や、寒暖の差による鉄とコンクリートの伸縮係数の違いによっても発生します。例えば鉄骨階段梁の取合いヶ所や、手摺壁スチール…

塗膜剥離とは外壁などの塗装が剥がれてしまっていたり、浮いていることをいいます。特に外壁は紫外線や雨水などによる経年劣化での付着低下の影響が考えられます。境界が狭いなどの環境条件で一日を通し…

浮き部とは躯体からタイルなど外壁が浮いて隙間ができていることを言います。目視ではわかりづらいため打診棒で音を確認します。現在のコンクリート打ち放し工法では型枠の精度もよく、不陸調整のための…

ひび割れとは外壁にできている物です。コンクリートやモルタルの乾燥・収縮または地震などによる挙動のため、経年をへた躯体には大小のひび割れ(クラック)が生じます。ひび割れにより雨水や炭酸ガスが…

下地補修とは…塗装・防水施工などをするにあたり、素地面の補修工事をすることです。凸凹やひび割れ、欠損や塗膜剥離などを削り取ったり・埋めたりするとても大切な作業になります。ビルやマンションなど…

高圧洗浄とは、高圧洗浄機というモーターやエンジンを稼働させ高圧ポンプに水を吸い上げ、洗浄機内部で加圧してから強い水を噴射する仕組みになります。洗浄工事は外壁や屋上等の汚れを落とす工事です。…

仮設足場工事とは、手が届かない場所の建設工事を行う前に行われる工事です。建物周辺に足場を組み立てることで作業員が、安全かつ効率的に工事ができるようになります。足場の組立が完了すれば、作業時…

ドレンとは、防水層と雨樋を繋ぐ素材で、屋上やバルコニーの防水面で受けた雨水を集水し樋へと流す重要な役割があります。一般的にドレンは鉄製でできてるものが多く、その為劣化すると錆びます。しかし…

ウレタン防水の中でも密着工法と通気緩衝工法がございます。今回は通気緩衝工法をご説明します。通気緩衝工法は既存下地がコンクリートに使用する工法です。下地がコンクリートの場合、密着工法で防水工…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。