シーリング材の種類!シーリング‐塗装

シーリング材の種類!シーリング‐塗装

2021/01/19

シーリング材には1液と2液の2種類のものがあります。簡単にいうと、すでに出来上がっていてすぐに使用できるのが1液で、2液はシーリング材に硬化剤を自分で混ぜ
攪拌することで使えるようになる材料です。使い勝手が良いのは一液です。特に一般の方が補修などで使用する場合には一液がいいと思います。2液と比べて混ぜる手間が
ない分、費用は高くなります。使い勝手もよく、使用して材料が残ってしまってもしっかり密封しておけば少し日にちが空いても再度使用できます。
2液の場合は硬化剤を入れてしまっているので、どんどん固くなりその日のうちに使用しないと固まって次の日には使用できなくなってしまいます。
何百メートルもあるコーキング材に施工する場合は、1液に比べて2液の方が費用も安く一度に大量のコーキング材をつくれるので経済的です。
皆さんが普段補修するのにお勧めしたいのは1液のシーリング材です。後は下記の中から用途によって種類を選んでください!!
 
シリコン系
耐候性・耐水性・耐熱性良好。塗装しなくても耐久性があり、キッチンや浴槽廻りの補修など水廻りに最適です。
塗料が密着しないため上から塗装ができず、主に仕上げに使用されます。
 
変性シリコン系
耐候性・塗装性良好。硬化後はシリコン系と違い塗装可能な万能タイプです。
 
ポリウレタン系
耐候性がよくなく、紫外線に弱いため、屋外での使用の場合は上から塗装が必須です。
硬化するとゴムのような弾力性と密着性が高いために耐久性が良く、下地処理やALC板の目地充填、コンクリートのヒビ割れ補修などにも使用できます。

修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!

☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆

現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。