株式会社新東亜工業

雨漏りはどうしたらいいの? 東京-防水

雨漏りはどうしたらいいの? 東京-防水

雨漏りはどうしたらいいの? 東京-防水

2021/03/14

雨漏りには敏感でいてください。と暮れによると被害が大きくなります。特に梅雨の時期や雨が連日降った時にはたくさんの問い合わせがあります。
雨漏りというと、なんとなく天井から水がポタポタ落ちてくるイメージがあるかもしれませんが
屋根瓦が台風で飛ばされたり、瓦にスキマができたりと、たしかに屋根の破損による雨漏りは多いです。
ですが、雨漏りが起きる原因は屋根だけではないです。
家のさまざまな場所で雨漏りする可能性があります。屋上、ベランダ、サッシ廻り、外壁など。
雨漏りは、時間が経って劣化によりじわじわと雨漏りが始まることが多いです。また風雨にさらされることが多いため劣化しやすい部分が多くあります。
窓枠からの雨漏りは、築10年以上の物件で起きやすい原因の1つです。窓や壁との接続部分にコーキングを打ってありますが、古くなった建物では、
劣化によりどうしてもスキマができてしまいます。このようなスキマから雨水が入り込み、木が腐ったり内装の壁が変色したりします。
外壁からの雨漏りも、見過ごしやすい原因です。たとえば屋根の破損であればひと目でわかりますが、外壁はそうはいきません。
というのも、外から見ると気付かないほどの細いヒビでも、1枚壁を割ってみたら大きなヒビだった…ということがあるからです。
屋上、ベランダも地震や劣化により防水層にひび割れができ、雨漏りをすることがあります。
雨漏りを防ぐためには定期的な補修や修繕を惜しまずに行いましょう。後回しにしていると本来かからない費用が発生してきます。
例えば雨漏りによる内装の補修、クロスの張替え、鉄部の錆など。
気になることがありましたらまずはお気軽にご相談ください!

修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!

☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆

現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。