外壁塗装”モルタル外壁” 塗装-埼玉

外壁塗装”モルタル外壁” 塗装-埼玉

2021/02/14

多くのモルタル外壁は、表面がデコボコ模様になっていたり、砂壁のようにザラザラしている場合は、モルタル外壁の可能性が高いです。
モルタル外壁は他の外壁同様にまず仮設足場を組み、高圧洗浄をします。高圧洗浄(水を強い圧力で噴射)の工程では、高圧洗浄機を使って外壁のほこりや汚れを除去したり、
塗料の劣化によって壁の表面にできた粉(チョーキング)を落としたりします。古い汚れが残ったままでは、塗料を塗り替えることができません。
それは、密着性のない汚れの上に塗っても汚れが壁から落ちると塗料も一緒に落ちるからです。どれだけキレイに塗装したとしても剥がれる原因は洗浄の丁寧さが関係してきます。
 
次に下塗りをしていきます。表面にクラックが生じやすいモルタル外壁の下塗りでは、微弾性フィラーが多く使われます。
微弾性とは、言い換えると弾力性のことで、ゴムのように弾力のある性質を持った塗料のことを、微弾性塗料と言います。モルタル外壁の特徴として、ひび割れしやすいというデメリットが
ありますが、塗装工事で弾性塗料を使うと、塗料で作られた塗膜がひび割れにくくなるのです。外壁は、気温や湿度の変化によって、常に膨らんだり縮んだりを繰り返していますが、
その動きに付いていけなくなると、モルタルの表層や塗膜にひび割れが発生します。弾性塗料は、外壁の動きに対して柔軟に付いていきやすくなるため、ひび割れを防ぐことが出来ます。
ただし、弾性塗料はその伸縮性から、熱や湿気によって「塗膜の膨れ」を起こす原因にもなるため、膨れが起きにくい適正な施工ができる優良業者さんに、塗装をお願いするのがオススメです。
 
下塗りが完了後、中塗り、上塗りへ入ります。中・上の表現では無く上塗り1回目、2回目と表現する場合もございます。
上塗りを2回塗ることにより仕上げの色が綺麗に仕上がります。また「リシン仕上げ」「スタッコ仕上げ」など模様をつける仕上げ工法があります。
 
順番は現場によっては変わりますが、その後、雨樋、破風板、鼻隠しなどの部分を塗装していきます。樹脂製の雨樋などは紫外線によって硬化していき、最終的には柔軟性を失って強い風などで
簡単に割れたり、はずれたりしてしまいます。雨樋も塗装を施すことによって、硬化を防ぎ、長持ちさせることができるのです。
 
すべての塗装が終わりましたら最終確認をします。塗り忘れや他の色の塗料が付着していないか。
最後に検査をし、問題無ければ足場を解体し完了となります。
 

修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!

☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆

現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。