防水工事のタイミングは??防水-東京

防水工事のタイミングは??防水-東京

2021/01/07

お住まいの防水層は雨や風に晒されるため、一般的に定期的に防水工事を施さなくてはいけません。
期間は新築や前回の防水工事から約10年だと言われており、塗膜防水もシート防水でも10年過ぎると防水効果は落ちてしまいます。
また、塗膜防水に関しては防水効果を維持するため、約5年ほどでトップコートのみ再塗装してあげる定期メンテナンスの必要があると言われていますが
弊社で使用してる塗料はトップコートのみのメンテナンスは必要ありません。ベランダの防水加工を行わずに放置したままにすると、雨水が次第に下地に浸入し、
雨漏りを引き起こしてしまいます。そこで本日は、屋上やベランダなどの防水工事のタイミングや必要な知識をご紹介いたします。
 
防水工事のタイミング
屋上やベランダの防水工事のタイミングを逃してしまうと、雨漏りなどの劣化症状を引き起こしてしまいます。
雨漏りが起こってしまうと、お住まいの構造まで劣化が生じ、補修費用がさらに掛かってしまいますので、防水工事は適切なタイミングで行いましょう。
防水工事が必要かどうかを見極めるには、まず以下の症状があるか確認することをお勧めします。
①ひび割れ
②塗膜の剥がれ、膨れ
③ベランダに水たまりができる
④雨漏り
上記の中でも特に、雨漏りは緊急性が高いですので、発見した場合は早急に専門の業者に点検や見積もり、工事の依頼を行いましょう。

修繕をご検討されてましたらお気軽にご相談ください!

☆☆工事担当者が現地にて詳しく調査させて頂きます。☆☆

現地調査、お見積りは無料にてさせて頂きます。

まずはメールにてお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。