シーリング工事とは?費用相場や注意点、施工の流れまでを徹底解説

大規模修繕

シーリング工事とは?費用相場や注意点、施工の流れまでを徹底解説

シーリング工事は、建物の健康を守るためには必須です。

シーリング工事の良し悪しで、建物の寿命が変わるほどです。

 

そこでこの記事ではシーリング工事について解説していきます。

費用相場や注意点などについて、詳しく解説していきますよ。

 

大規模修繕をお考えのかたは、ぜひ参考にしてみてください。

シーリング工事とは

 

シーリング工事とは、外壁とサッシの隙間や、外壁ボード同士のつなぎ目、タイル同士のつなぎ目などを埋める工事のことを言います。

コンクリートにひび割れが発生した場合も、シーリング材を使って補修します。

 

隙間部分にシーリング工事を施すことで、防水性や気密性が向上します。

建物を雨水の侵入から守ったり、強い風から守ってくれたりします。

 

ちなみにシーリングは5年ほどで劣化してくるので、定期的なメンテナンスが必要です。

シーリング工事が必要なケース

シーリング工事は、既存のシーリング材に次のような症状が起こった場合に、おこなうのが一般的です。

 

  • ひび割れ
  • 剥がれ
  • 切れ(裂け)

 

上記のような症状が出ている場合は、シーリングの機能が低下している、または機能していない可能性が高いです。

 

隙間から雨水が侵入し、水漏れしたり建物の内部が劣化したりする恐れがあります。

 

こうした症状が起こった場合は、なるべく早めにシーリングの打ち替え工事を行うことをおすすめします。

シーリング工事は2種類ある

シーリング工事には、「打ち替え工事」と「打ち増し工事」の2種類があります。

 

打ち替え工事…既存のシーリング材を綺麗に除去してから、新しくシーリング材を充填します。既存のシーリング材の劣化が激しい場合に行われます。

 

打ち増し工事…既存のシーリング材の上から、新たにシーリング材を充填します。既存のシーリング材の劣化が少ない場合に行われます。

シーリング材の種類

シーリング材には、次の4種類があります。

 

  • アクリル系
  • ウレタン系
  • シリコン系
  • 変性シリコン系

アクリル系

アクリル系のシーリング材は、湿っている場所でも施工できるのが特徴です。

一般的に、施工費用が最も安いのがアクリル系です。

 

ウレタン系のように弾力があり、硬化すると少し縮む性質があります。

耐久性が耐候性が低いですが、アクリル系シーリングの上から塗料を塗ることも可能なので汎用性があります。

ウレタン系

ウレタン系のシーリング材は、耐久性が高いのが特徴です。

 

既存のシーリング材の上から施工でき、硬化後は弾力を持ちます。

 

ただし耐候性や耐光性が低く、ホコリを吸着しやすいです。

そのため施工後は、シーリング部分の表面を保護する必要があります。

シリコン系

シリコン系のシーリング材は、値段がリーズナブルなのが特徴です。

 

耐久性もあり、プライマー(接着剤)を下塗りしなくても施工できます。

 

ただし施工後にシリコンオイルが染み出てくるのが難点です。

そのため施工箇所の上から塗料を塗ることはできません。

 

シリコン系のシーリング材は塗料を使う外壁ではなく、ガラス廻りや水廻りで使われるのが一般的です。

変性シリコン系

変性シリコン系は、耐久性や耐光性に優れます。

 

シリコン系よりもオイルが染み出にくく、上から塗装を施すことも可能です。

 

ただしシリコン系よりも密着性が少ないため、施工の際はプライマーを使います。

 

変性シリコン系はガラスや金属、モルタルなど、色々な素材面に使えます。

サイディング(外壁に貼る仕上げ用の板材)やタイルなど、さまざまな箇所で活躍します。



 

ただし変性シリコン系は、施工費用が割高なのが難点です。

シーリングとコーキングは同じもの

シーリングのことを「コーキング」と呼ぶこともあります。

 

ただしこの2つの言葉は、多少ニュアンスが異なります。

 

シーリング…防水を目的として、隙間に詰め物をすること。「密閉する」という意味合いがある

 

コーキング…隙間に詰め物をすること

 

シーリングと呼んでもコーキングと呼んでも、現場では同じ工事をするので、好きな呼び方で構いません。

費用相場

建物にシーリング工事を施すには、以下のような費用がかかります。

 

 

1㎡あたりの費用相場

打ち替え工事

900~1,200円

打ち増し工事

500~900円

 

ただし上記はあくまでも参考費用です。

施工箇所の広さやシーリング材の種類、仮設足場の有無などによっても費用は変わります。

工期の目安

シーリング工事には、大体2~5日ほどの日数がかかります。

 

ただし途中で雨が降った場合は工事が延期になりますので、留意しておきましょう。

シーリング工事のメリット・デメリット

 

シーリング工事にはメリット・デメリットがあるので、工事を行う前に確認しておきましょう。

メリット

シーリング工事のメリットは次のとおりです。

 

  • 雨漏りを防ぐ
  • 外壁の寿命を延ばす
  • 揺れに強くなる

 

シーリング材には伸縮性があるので、地震などにより建物が揺れた際のクッションになり、耐震性も発揮します。

 

ちなみにシーリング工事を行う際は、施工箇所以外の外壁の点検も一緒に行うのが一般的です。

建物全体の状態をチェックする良い機会になるでしょう。

デメリット

シーリング工事には、以下のようなデメリットもあります。

 

  • 費用がかかる
  • 2階以上での工事は仮設足場の設置が必要になる

 

シーリングの劣化が激しい場合や、施工箇所が多い場合は、その分だけ費用も多くなります。

 

ちなみに外装塗装を行うタイミングでシーリング工事も一緒に行うと、何度も仮設足場を設置し直す必要がなくなるので、足場設置の費用が節約できますよ。

シーリング工事の流れ(打ち替え工事の場合)

 

シーリング工事は以下のような流れで行われます。

 

今回は新たにシーリング材を打ち直す、打ち替え工事の手順をご紹介していきます。

 

  1. 既存のシーリング材の除去
  2. 養生(施工箇所以外の保護)
  3. バックアップ材やボンドブレーカーの取付け
  4. プライマーの塗布
  5. シーリング材の充填
  6. 表面のならし
  7. 養生はがし

1、既存のシーリング材の除去

まずは劣化した既存のシーリング材を除去します。

 

除去後はシーリング材が埋め込まれていた場所を、ブラシでしっかりと清掃しておくことが大切です。

2、養生(施工箇所以外の保護)

これから使うプライマーやシーリング材が施工箇所以外に付着しないように、マスキングテープで周囲を保護します。

3、バックアップ材やボンドブレーカーの取付け

シーリング材の、目地の底への接着(三面接着)を防ぐために、バックアップ材やボンドブレーカーを取り付けます。

 

これで、外壁とパネルとの間にシーリング材が入り込むのを防げて、外壁とシーリング材が直接触れません。

シーリング材が動きやすくなり、揺れが起こった際などにより柔軟性を発揮できるようになります。

4、プライマーの塗布

施工箇所にホコリやサビが付着していないかどうか、施工箇所がしっかり乾燥しているかを確認し、プライマー(接着剤)を塗ります。

5、シーリング材の充填

コーキングガンを使い、シーリング材を充填していきます。

 

職人の技術によって、シーリングのクオリティに差が出てきますよ。

6、表面のならし

シーリング材を充填した部分をヘラで圧着させ、表面をならしていきます。

 

こうすることで余分なシーリング材が取り除け、さらに密着性を高められます。

7、養生はがし

シーリング材が完全乾燥する前に、養生のために貼ったマスキングテープを剥がし、シーリング工事完了です。

シーリング工事の注意点

 

シーリング工事では次のような注意点もあるので、事前に確認しておくと安心です。

定期的なメンテナンスが必要

先ほども触れましたが、シーリングの寿命は5年程度と言われています。

 

ひび割れや剥離、肉やせなどが徐々に起こり、防水性能も低下していきます。

 

シーリングを施す環境によっても寿命は異なりますが、「寿命は5年」と覚えておきましょう。

 

ちなみに使用期限切れのシーリング材を使うと耐久性が低くなるので、施工業者はこの点も注意しなくてはなりません。

天気の影響を受けやすい

シーリング工事は、雨の日や寒い日の施工には適していません。

 

大体気温が15~25℃、湿度が80%未満で、無風の曇りの日が良いと言われています。

しかし「さっさと終わらせてしまおう」と、天気や気温を気にしない施工業者が多い傾向に。

場合によってはシーリング材の耐用年数が低下する可能性があるので要注意です。

 

業者と「雨天時などの施工はどうするか」、事前に話し合っておくのをおすすめします。

 

業者の腕でクオリティが変わる

シーリング工事は施工する人の技術や知識により、クオリティが変わります。

 

熟練の職人がシーリング工事を行うと、水漏れなどが起こりにくくなります。

 

施工業者を探す際は、過去の施工実績はどうか、シーリング工事の専門家かどうか、事前に確認しておくと良いでしょう。

まとめ

 

建物の寿命を長くするには、シーリング工事は欠かせません。

建物の防水性能を高め、雨漏りを防いでくれますよ。

 

前回の施工から年数が経っている場合は、ぜひシーリング部分をチェックし直してみてください。

 

また、適切にシーリング工事を行ってくれる業者選びも重要です。

 

  • シーリング工事の実績が豊富か
  • 防水施工技能士の国家資格を持っているか
  • 担当者が丁寧に対応してくれるか

 

見積もりの際には以上のようなことをチェックすると、良い施工業者を見つけやすくなります。

 

複数の施工業者を比較して、ぜひ満足のいくシーリング工事を行なってみてくださいね!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。