大規模修繕 - 用語集

▼サイディング

■概要

サイディングとは、外壁に張る仕上げ板材のことを言います。

セメント製や金属製のものが使われるのが一般的です。

 

■サイディングの特徴

サイディングは工事費用が安く済むのが特徴で、住宅全体の7~8割ほどでサイディングが採用されています。

 

またサイディングは次のような特徴を持ちます。

 

  • 耐水性・耐光性が高い
  • 種類やデザインが豊富
  • 工場生産で品質が安定している

 

■サイディングの種類

サイディングには「窯業系(ようぎょうけい)」「金属系」「木質系」「樹脂系」といった4種類があります。

 

もっとも多く採用されているのが「窯業系サイディング」です。

セメントと繊維質を材料とする窯業系サイディングは、戸建て住宅の75%以上で使われています。

 

「金属系サイディング」はガルバリウム鋼板やステンレスなどの金属を使います。

価格は高めですが、遮音性や断熱性が高いのが特徴でメンテナンスも簡単です。

 

「木質系サイディング」には、塗装が施された天然木が使われています。

独特の風合いが楽しめますが、湿気に弱く腐りやすいので定期的なメンテナンスが必要です。

 

「樹脂系サイディング」が日本国内で使われることは少ないですが、アメリカでは良く使われます。

劣化しにくく、シーリングを施さずに使えます。

ただし遮音性の面では他のサイディングに劣ります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。