(株)新東亜工業×東京ガスライフバル墨田

東京ガスライフバル墨田との業務提携

(株)新東亜工業は、平成25年10月に東京ガスライフバル墨田と業務提携し、墨田区で外壁塗装を必要とする建物へ確実な外壁塗装工事を行っています。

徹底した品質管理・現場監理のための6つのルール

地域のお客様のご要望にお応えして外壁塗装を行うだけでなく、お客様に安心して施工をお任せいただけるよう、品質管理や現場監理を徹底しており、それを実現するため以下のルールを定めています。

このルールは、ビルなどの大規模修繕や大手ゼネコンの業務を請け負う会社では当たり前に用いられているものですが、実は、一般のお客様に対しては省略している会社がほとんど。しかし、当社では一般のお客様に対しても欠かさずに、高度な品質管理をご提供します。

ルール1:作業員名簿の提示

塗装作業前には、必ず作業員名簿を提示いたします。これは、現場にどのような者が入るのかをあらかじめ知っておいていただくため。これによって、どんな経歴を持つ職人が作業するかも、ご確認いただくことができます。もちろん、不審者の侵入を防ぐ意味でも有効です。

ルール2:作業車についての事前ご説明

事前に、現場に入る作業車についてご説明します。どのような車が出入りするのかを知っていただくことで、関係のない車両の通行を防ぎ、安全性・防犯性を確保します。

ルール3:労災保険への加入

当社では、作業中の安全に最大限配慮し、細やかな現場監理を行っていますが、万が一に備えて労災保険に加入しています。これにより、もしも当社の職人がケガをした場合にも、お客様にご迷惑をおかけすることは一切ありません。

ルール4:損害保険への加入

当社では、労災保険に加え、損害保険にも加入しています。もしも外壁塗装工事を通じてお客様の身のまわりに災害・事故などが発生した場合でも、きちんとした補てんと確かな対応をお約束します。

ルール5:ビブス着用の義務づけ

現場に立ち入る関係者には、ビブス(識別できるゼッケンのようなもの)の着用を徹底。一目で関係者とわかることで、安心していただけるとともに、部外者の侵入をシャットアウトすることにも役立ちます。

ルール6:足場工事から塗装工事まで一貫管理

防犯面に加えて安全面を強化するために、当社では足場工事から塗装工事まで、一貫して自社施工・監理を行っています。

下請け会社に丸投げするのではなく、しっかりと教育した足場・塗装のプロが、一つひとつていねいに作業を進めていきます。

東京ガスライフバル墨田 宮川様との打ち合わせ風景

TOKYO GAS LIFE VAL OSI 外壁塗装任せるなら 新東亜工業

東京ガスライフバル墨田の宮川様と当社代表・大浦との打ち合わせの様子です。
定期的に情報を交換してお客様に有益な施工を行えるよう努めています。

ページの先頭へ