大手ハウスメーカーからの外壁塗装のお見積りが適正価格かどうか、一緒に考えてみませんか メーカー名と築年数をお伝えください

大手ハウスメーカーでマイホームを建てた皆さまこんにちは。新東亜工業の代表大浦です。
今回このページをお作りしたきっかけは、お問い合わせ時に「○○ハウスで建てた家は新東亜工業さんで外壁塗装できますか?」というご質問を非常に多くいただいているからです。

はじめはどうしてそのようなご質問をいただくのかが分からなかったのですが、実際にお客様とお話させていただき、大手ハウスメーカーで建てた家は建てた会社でないと外壁塗装できないとお考えの方が非常に多いことを知りました。

そこで今回は、皆さまに最適な外壁塗装業者をご判断いただくきっかけになればと本ページを作成しました。これから外壁塗装をご検討の方も、既に大手ハウスメーカーさんからのお見積書をお持ちの方も、少し長いですが是非最後までご覧ください。

外壁塗装は大手ハウスメーカーに頼むべきか?

新東亜工業ではこれまで多くの大手ハウスメーカーで建てられた家の外壁塗装をお任せいただきましたが、大手ハウスメーカーさんで建てた家だからといって塗装が特殊になる、難しいといったことは一切ありません。使用している塗料や立地、経過年数を考慮してしっかりと現地調査を行えば、問題なく外壁塗装が可能です。
確かに、ハウスメーカーさんの場合は建てた時の担当者さんがいて気心が知れている、といった精神的なメリットはありますが、建てたハウスメーカーでないと外壁塗装できない、というのは間違いです。

残念なことに、外壁塗装工事を受注するために過度な不安を煽ったり、間違った情報で営業するハウスメーカーの担当者さんもいるようです。外壁塗装は景観だけでなく、壁への雨の染み込みを防ぐなど家の機能にも大切な役割を果たします。そのため、しっかりと技術力のある業者を選定していただきたいと思います。

0120-540-740メールでのご相談

それは間違い!!ハウスメーカーの外壁塗装

ハウスメーカー独自の塗料だから、他社では塗れないと言われた…

塗りのプロが現地調査で判断しますお打ち合わせの際、皆さまが一番気にされているのが塗料についてです。「自社メーカーオリジナルの塗料なので他社では同じものが塗れない」と説明されるケースもあるようですが、そんなことはありません。そもそも建てた後の外壁塗装は、建ってからの年数や立地(雨の量や汚れ方など)を十分に考慮してから塗料や必要な塗りの回数を決めていきます。また、塗料自体も性能や品質がどんどん向上しているので、前回塗ってあるものを塗らなければいけない、ということはないと私は考えています。
現在のご自宅の壁がどんな塗料を使い何回塗られているか等は、現地調査でしっかりと判断いたしますのでご安心ください。

見積りが高くなるのは、品質が良いから…?

大手ハウスメーカーで建てた家の場合、建物の大きさにもよりますが350万円~500万円程度のお見積になることが多いようです(防水工事等の付帯工事を含む場合)。皆さま「思ったより高いな」とお感じのようですが、よく分からないまま「高いぶん品質が良い」という判断をしてしまう方もいらっしゃいます。
確かに、大手ハウスメーカーで建てたお宅は建物自体が大きく、一般の戸建てよりも見積金額が高くなる傾向にあります。それも踏まえ、適正金額かどうかをきちんと判断していただければと思います。

大手ハウスメーカーと新東亜工業の外壁塗装  徹底比較!!

大手ハウスメーカーで塗ると、建物の保証が延びると言われた…

これは実際にお客様からお聞きしたのですが、ハウスメーカーの営業マンの中には「うちで外壁塗装をすれば(建物の)保証を延ばします」と説明する人もいるようです。しかし、これは大きな間違いです。逆に考えてみると「外壁塗装をしなければ問題が起きてしまう家」とも取れませんか? 家を建てて建物自体の保証をすることと、外壁塗装をしてその後の小さな剥がれやヒビを保証するのは全く別の話です。
保証についてはしっかりとご確認した上で、もし本当に建物の保証が延びるのであれば見積書に文書で記載をしてもらう等、記録を残しておくことをおすすめします。



外壁塗装専用サイト


代表 大浦が直接ご訪問させていただく理由

新東亜工業はお客様との直接契約にこだわり、大手やハウスメーカーからの下請け工事は請けていません。理由はとてもシンプルで、大手やハウスメーカーからの発注金額では自分たちが納得できる外壁塗装ができないからです。

私達の業界では、スタッフが一日何時間作業し、合計何日間かかるか(人工:にんく)でお見積りを算出します。当然、丁寧に複数回塗装を行えば日数がかかるのでお見積金額が変わります。しかし、大手からの発注金額は最小限の人工で算出されているため、例え複数回塗りが必要な傷んだ壁でも一度塗りしかできません。
また、そうやって下請け中心で仕事を回すと現場の数を増やさなければ経営が成り立ちません。1人のスタッフが一日に3箇所の現場をこなし、朝から夜まで作業します。当然疲れも溜まり、事故が起きやすくなり、スタッフ本人はもちろんお客様にもご迷惑をおかけしてしまいます。

新東亜工業はそういった仕事の仕方は目指していません。最適なサービスを適正でご提供できるよう、直接契約にこだわり、自社集客を行っています。

こういったことは新東亜工業の代表として発言に責任を持ってご説明したいと思い、今回私がお見積内容を直接お持ちするという試みを開始しました。
できれば全てのお客様にお会いしたいのですが、まずはしっかりと対応させていただくため、一月12名様までの受付とさせていただきました。以下にご説明までの流れをご紹介しますので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。

お問い合わせからご提案までの流れ
0120-540-740メールでのご相談


外壁塗装専用サイト