塗り替え時期を見逃さないで!

外壁の塗り替え時期とは?

外壁塗装には、建物の外観を美しくするだけでなく、建物をよい状態に維持して長持ちさせるという重要な役割もあります。とはいえ、常に紫外線(太陽光)や雨風にさらされている外壁は、どうしても経年によって劣化するもの。建物をよい状態に保つためには、適切な時期に塗り替えを行うことが必要です。

塗り替えせずに放置するリスク

外壁の劣化に気づいていても、「まだ大丈夫そう」と楽観視しつい放置してしまう……ということはありませんか? 適切な塗り替え時期を逸して放置してしまっていると、さまざまなリスクが生まれてしまいます。

リスク1:
汚れやすくなる
外壁の表面の塗膜が劣化し、汚れやすくなります。
リスク2:
雨漏りや、内部の木の 腐敗を招く
クラック(ひび)が発生し、割れた部分から雨水が入り込んで雨漏りしてしまいます。また湿気・水分もどんどん浸入し、カビが生えたり、内部の木を腐らせたりしてしまいます。

その結果、家の寿命を大きく縮めてしまいます!

こうなれば、「たかが外の壁が少し剥げた」だけでは済みません。家を長持ちさせるには、適切な塗り替え時期を見逃さず、対処を行うことが大切です。

塗り替えが必要なタイミングとは?

塗り替えが必要になるタイミングがいつかわからないという方も少なくないようです。例えば、「前にいつ塗装したかわからない」「見た目がキレイだからまだ大丈夫」「住んでいてとくに問題がない」などといった理由で、塗り替えを先送りにしているというのがタイミングを逃すよくあるパターンです。

しかし、見た目がキレイなのも、住んでいて問題がないのも、決して安心できる条件ではありません。今がよくても、いつまでも長続きする保証はありません。まずは適切な時期を、知ろうとすることが大切です。

耐用年数を確認しましょう!

はじめに確認したいのが、塗料の耐用年数。前回塗装したときに使用した塗料の耐用年数が、どれほどかを確認しましょう。立地や気候によって多少の違いは出ますが、塗料メーカーが定めた年数が近づいたら塗り替えは必要だと考えましょう。また、もし塗料の耐用年数がわからない場合は、10年を目安に塗り替えを検討するといいでしょう。

塗料の耐久年数とは

多くの塗料では、耐久年数を「10年~15年」というように多少幅を持たせて設定しています。これを食べものでたとえると、「賞味期限は10年、消費期限は15年」というようなニュアンスになります。つまり安全性を確約するなら、「賞味期限」を目安に塗り替えを行うのがベストだといえるでしょう。

塗り替え時期チェックシート

「塗料の耐久年数がわからない」など、塗り替えのタイミングにお困りの方は、以下のチェックシートで、外壁の劣化状況ををチェックしてみましょう。

これらの中に当てはまるものがあれば、塗り替え時期が来ていることが考えられるため、一度専門業者に現地調査を依頼することをおすすめします。

新東亜工業では、現地調査を無料にて承っています。ご希望がある場合には、詳細な内訳を明記したお見積書も無料にてお出しすることも可能です。まずは「現状のチェック」として、お気軽にご相談ください。

塗り替え時期を見逃さないための心得

大切な家を長持ちさせるために重要となる外壁の塗り替え。この時期を見逃さないためには、次のことを心得として覚えておきましょう。

  • 心得1.家に興味を持ち、定期的に異常がないか確認すること。
  • 心得2.「お金がなくてメンテナンスできない」ということにならないよう、将来的なライフプランを考え、早い段階から必要なお金を貯めておくこと。
ページの先頭へ